2018は終了しましたが、時計業界10大事件はまだ2019に影響します

年末になると、時計業界の年間十大事件を振り返るべきです。この十大事件は時計業界に影響を与えるほか、時計愛好家と消費者にも密接な関係がある。市場の冬を乗り切って、この二年間スイスの時計の輸出は引き続き上昇して、中国の香港と中国大陸は多くの貢献をしました。しかし、国内消費者が愛している代理購入と海淘モデルも、転換せざるを得ない重要な関門になりました。

1、バーゼル時計展の爆発的な退潮

世界で最も長い歴史を持つ最大規模の時計展「バーゼル国際時計ジュエリー展」(Baselworld)がこの二年間に「退群潮」が発生しました。2017年のアテネ、芝柏、宝詩竜、美雅に続いて彼の地に転戦しました。商数は650個前後に激減し、ほぼ半減した。

2018年バーゼル時計展はやや不景気になっています。

7月29日、日曜日に増刊されたばかりの大型ポンドのニュースを発表しました。スウェーデングループは2019年のバーゼルショーから撤退することを決めました。18ブランドのグループが席を外して、この古いブランドも老化した展示会を前例のない危機に直面させます。

2、同じ落ち着かないジュネーヴ見本市

安定しているように見える「ジュネーヴ国際高級時計サロン」(SIHH)は、2018年に出展者が空前の35ブランドに達しました。その中の17ブランドは独立した時計ブランドですが、静かなイメージの下でも暗躍しています。梵克雅宝は2019年にSIHHを脱退すると発表しましたが、2020年にはアイビ、リチャードミルも後をつけて出発します。梵克雅宝とリチャードミルの退陣はブランド自体が専門店だけで、販売店がないと解釈できますが、彼の出発はSIHHのための最初のアラームですか?