古風金韻、低調で豪華な-SU素K金シリーズが全面的に発売されました

大きな反響を呼んだ四大古典シリーズ「花が咲き富貴」、「海の花」、「沈香」、「旧磁器・新顔」以来、今年9月に「鶴舞」のテーマであるシルバーアクセサリーシリーズを発売しましたが、最近は更に既存のシルバーアクセサリー製品をベースに、K金シリーズの商品を発売し、製品構造をさらに拡大しました。

古風金韻、K金シリーズ

金色はただ豪華と光り輝くことを象徴しているだけではなくて、この暖かさの色のため、大自然の中で最高の純色で、それは太陽の色で、安康と幸福を代表しています。SU素はこの金色の輝きを取り入れ、デザイナーの器用な手を通して、素晴らしいアクセサリー、K金シリーズを見せてくれます。

純金で作ったアクセサリーは柔らかすぎて、いろいろなデザインを付けにくいです。K金はデザインが多様なアクセサリーを開発しやすいです。金のアクセサリーは、日常にぴったりです。多くのK金のアクセサリーのデザインも非常にファッション的で、若者の雰囲気に合っています。K金は変形や磨耗しにくく、愛用のアクセサリーも常に着用されています。

鶴は吉祥の象徴として、刺繍、陶磁器、金銀のアクセサリー、漆器などの器物のデザインに頻繁に使われています。今日はSU素も鶴をモチーフにしたK金シリーズのアクセサリーが、鶴の飛翔姿勢を主体に水滴をあしらい、霊動十分で、金質で作られています。鶴の優雅な姿に真珠のペンダント感を加え、首筋をつけ、高潔な雰囲気を演出します。真珠と鹤はいずれも贵介雅静の象徴であり、重要な场合には、例えば重要な取引先と会う时に身につけると大いに自分の雰囲気を高めることができます。このアクセサリーは鶴の優雅さと霊感を完璧に表現しています。着用者の美しさと気質を引き立てています。