腕時計は磨いたら色が落ちますか?さすがに腕時計の磨きはいいですか

長く身につけている腕時計の傷が長くなると、それは避けられないことです。日常生活の中でこすり傷があるのも当たり前です。傷が多くなると美観に影響します。この時は腕時計を磨きます。しかし、多くの人は腕時計の光沢が落ちてしまうと心配しています。色が落ちますか?腕時計はどのように磨いたら色が落ちませんか?

腕時計は磨いたら色が落ちますか?

腕時計の傷が多くなったら修理店に届けて磨きをかけます。多くの人は自分の腕時計が色落ちすることを恐れていますが、普通はできません。あなたの腕時計は表面だけに金がメッキされていない限り、磨きは必ず色が落ちます。でも、もう一回メッキすればいいです。普通の腕時計は磨きが全部できます。色が落ちませんか?しかし腕時計をつぶすことができて薄くて、結局腕時計の厚さは有限で、耐えられないで何度も磨いて、腕時計の傷がとても深い時磨くことができなくて、腕時計の殻を交換することしかできませんでした。

腕時計はどのように自分で磨きますか?

腕時計にキズができたら、特に傷が深くなければ、自分で磨きができますが、道具や原料を用意しなければならないので、多くの人が第一歩で諦めてしまいます。道具を準備するのは本当に面倒くさいです。用意した工具は1000,2000,3000の砂紙で、数字は砂紙の粒子の密度を表しています。研磨すべき順序はどのような密度の砂紙を使いますか?サンドペーパーを用意する以外にも、ラミネート、金属研磨布、各種の大きさの消しゴムが必要です。これらを準備すれば、磨きができます。