46.5万元のCasio、ロレックス熱帯面、復刻海馬が発売されました。これは今週の大ニュースです

Tropical Dialは、「熱帯面」とも呼ばれ、紫外線によって変色する文字盤で、熱帯地方の紫外線が強く発生しやすいため、熱帯面と呼ばれています。一般的に黒い文字盤が蜜糖色、茶色に変化することを指します。
スイスの改造ブランド家、アーティサンズ・デビルが、ロレックスの現代モデルディオールに基づいて、アンティークウォッチRef.620のスタイルの作品を改装しました。陶磁器の外輪をプラスチックに変えて、防水錠を外しました。一番違うところは文字盤です。AdGは数年かけて「熱帯面」の塗料をデバッグしました。復古タイプの腕時計は全部バハマに送られました。そこで熱い日差しを受けて、黒い文字盤を蜜糖色、茶色に変えました。他のリメイクブランドのように直接印刷したものではありません。
この「トロピカルフェイス」のレトロタイプは、限定15枚で発売され、約24万元。