トップクラスのオリジナル工芸独創腕間の個性芸術

2019年には、カムフラージュに対して新たなスタートを切り、昨年末にブランドアップグレードを果たし、意匠、デザイン、趣味とインタラクティブな伝承を兼ね備えたイメージで再びお会いしました。多くの腕時計を身につけている友達にとって、カシミファルナは材質の選択や工芸のデザインにおいても、比較的に目を吸い取っています。これもJean-Luc D e cheryのおかげです。フランスでは毎年違う分野のアーティストと協力しています。
Camile Fournetブランドグローバル総裁ー譲・呂克・徳施礼(Jean-Luc D e chery)さん
カミーユ・ウェルネブランドは、1945年にフランスで誕生し、トップクラスの天然皮革を採ロレックスコピー用し、シンプルで優雅な審美で洗練された皮革製品をもたらし、伝承と革新を完璧に融合させました。Camile Fournetブランドはフランスで300名以上の職人がいます。100%フランス風の手芸です。現代の芸術思潮を融合させて、バッグ、カードバッグ、バンド及び各種アクセサリーに展示しています。その中には既存のデザインに基づいて、個性的にカスタマイズすることもできます。今日、腕時計の家に幸运にもCamile Fournetブランドの社長Cー譲・呂克・徳施礼さんにインタビューしました。「腕工芸と腕時計」について深く対話しました。