物語の時間があります

時間は何ですか?ずっと前に行くのですか?それともずっと巡回しますか?何が時間を記録できますか?時間は主観的ですか?それとも客観的ですか?時間の様々な問題に関しては、ここで答えを見つけることができます。少なくとも、それはあなたに考えさせます。
イタリアの高級腕時計ブランド「沛納海」が手を携えてトリニダーシングム、北京中央美術学院美術館で開催されている「時間・時間設計・設計時間」展が行われており、4月10日までの展示は造形芸術、写真、映画など様々なジャンルの作品を通じて、ブルガリコピー時間とデザインの関係を見学者が自ら探求していく。
「時間」と最も直接的な関係を築いた時計ブランドにとっては、時間の意味についての検討は未だ停止されていないが、腕につけた正確な腕時計だけでは、この哲学的な命題を完全には説明できないようだ。沛納海世界最高経営責任者のAngel o Bonati氏は今回の展示を借りて、「見学者は時空を超えて美しい時空世界を旅し、少なくとも精神面ではできる」と期待している。
時間はどうやって流れますか?日付が印刷された紙巻きは一年の日々を象徴し、一日の経過は紙くず機から完全に消えていくアーティストもいる。このような方式で人々に教えて、過去のはすでに向こうへ行って、もういかなる価値がありません。