ロンジンのあれらの美しくて実があるレプリカ達

ロンジンのこの経典の復刻シリーズの腕時計の最大のスポットライトは、文字盤が右に傾いて40°傾いて、人に見分けられやすいです。このデザインはまたみんなと物語を話します。
チャールズ・アウグストゥス・リンドバーグは1927年5月20日、飛行機を運転していたセントルイス精神号が大西洋を越え、ニューヨーク市からパリまで33.5時間をかけて飛んだ。
1935年、ロンジンはまた米国軍のためにA-7型の空中ナビゲーション腕時計を注文しました。その後、ロンジンもこの軍用パイロットの腕時計によってA-7型の空中ナビゲーション表を出しました。直径が大きい(49 mmのサイズ)です。しかも限定は100パネライコピー個しかありません。
A-7型の空中ナビゲーションの後、ロンジンのこの複写腕時計はサイズを小さくしました。49ミリから41ミリまで多くの人の腕のサイズに合います。白い光沢のある漆の表面の文字盤は復古の時計のデザインを再現しました。蜜の色のワニスの時の標識、梨の形の透骨の針、軌道の形の分刻みの目盛りは全部復古の時計の元素です。