2019 SIHHジュネーヴ高級時計展の観察

Laura Lan藍思晴の「大文字のローラ」は中国語圏で有名な時計ジュエリー評論家で、専門的な機械時計を鑑賞し、ジュエリー、生活、文化、芸術などの各分野に対しても独自の見解を持っています。「引想力工房」を創設して、専門文案、顧問、講習などの仕事に従事します。
ケースの材質はステンレス、貴金属、チタン合金を除いて、独特な材質の運用の潮流が広がっています。これらの異軍は2019年のジュネーヴ表展から突進し始めました。
以前は機械腕時計の消費が主流だったが、貴金属とステンレスの材質はまだ時計の市場上の主流ですが、今は以前の非金属腕時計のような時代ではなく、今は時計の製造市場はもっと技術にこだわっています。また、希少性のある素材は、腕時計のデザインを拡充するために科学技術の素材を引用する可能性もあります。