ロンジン三相の腕時計はなぜ火がないですか?

皆さん、こんにちは、小编は今日みんなに浪琴月相の腕时计がなぜ火がないのかを教えにきました。次に、「浪琴月相腕時計」について説明します。
月相はこの腕時計が備えている様々な機能の中で最も詩的なものの一つです。ロンジンの名匠シリーズの月相腕時計は、名匠の大家族の中で、ムーブメントの構造が一番複雑で、部品が一番多く、機能も一番多いです。今日はこの腕時計の調教方法を説明しましょう。
第一部:機能紹介
まず、9時方向の小さい文字盤は24時間の文字盤です。次に、12時の方向の小さい文字盤は30分の累積時間の機能で、左の小さいウィンドウは週の表示で、右の小さいウィンドウは月の表示です。
最後に、6時方向の小さい文字盤は月相と12時間の累積時間表です。まだ2つの指針が紹介されていません。1つの三日月が付いているのは1-31日の日付表示機能です。もう一つの一番長い針は12時方向の時間軸です。その後、2時の方向にボタンがあります。ボタンを押すと、タイマーが始まります。ボタンを押すと、時間が一時停止します。️、4時方向にもう一つのボタンがあります。時間がゼロになります。
第二部分:調教注意⚠️事項
夜9時-午前3時は直接日付を調整してはいけません。日曜日、夜22時-午前2時は直接月を調整してはいけません。夜7時-午前6時は月相を直接調整してはいけません。調教時の時間計測機能は開けられません。