珠玉腕時計の知識は夜光時計で寝るのはよくないです

腕時計を手首にかけて寝ると、腕時計が夜の光時計だと、体に悪い影響を与えます。これは夜の光時計の針と目盛りに塗る発光材料で、主にラジウムと硫化亜鉛の混合物で、ラジウムから放出された放射線は硫化亜鉛の結晶を光らせ、眠る時に時計をかけると、人体に8~9時間のレーザー放射がかかり、人体に危険があるからです。ですから、寝る前に、夜の光時計を取って、机の上に置いたほうがいいです。
珠玉腕時計の知ブランド時計コピー識の電子腕時計。
電子腕時計は温度25~28℃の時、昼と夜の時間計測誤差は一秒以内で、温度が0℃以下または50℃以上の時、昼夜に二秒遅くなります。また、温度が60℃に達すると液晶パネルが黒くなり、温度が0℃以下になると液晶パネルの表示機能がなくなります。そのため、冬になると、電子腕時計は腕に装着するだけで、人体の恒温で正常な時間を維持します。また、高温と低温を過ぎると、電池が液漏れして、ムーブメントの芯を腐食します。