ロレックスの機械が誤差を表すのはいくらで、どうして解決するべきですか?

ロレックスは1度の苦労で永久に楽をすることを代表して、しかしたとえ腕時計の仕事はまた良いとしても。誤差が現れるのがも!全く正確な腕時計は存在しなかったので、それではロレックスの機械が誤差を表すのがいくらで、どうして解決するべきですか?

ロレックスの機械は誤差を表します

ロレックスの腕時計は30秒左右日の誤差を許して、これ範囲内の誤差は”正確だ”と称することができて、これはスイス天文台の認証システム(Cによって.O.S.C.)、は更に厳格なジュネーブの印は、も腕時計が毎日遅い3秒のあるいは速い2秒の許容範囲がありを許します。30秒頃の誤差これ範囲内だけが必要でたとえ合格しますとしても。もしも誤差を超えるのが故障があって、私達が先に機械学校をもらって表す計が性質を決めるのをテストするのをテストします。

機械が度を表して確かにその振り子で空中に垂れる糸の発生する周波数安定化の程度に順番に当たりを決定します。機械を表して使って内外の多くの原因の影響を受けて、並べるの空中に垂れる糸の単共振動に順番に当たって、腕時計を誤差ガガミラノコピーが発生させて、心をこめて調整して誤差比較的減らして、しかし全く排除することはできなくて、だから、腕時計は幸運で合って幸運な精度の指標を表すべきでさえすれ(あれ)ば、合格する時計のため。腕時計を加減する時もよく加減した必要がなくて、どのみち一回うまく調節した後にすべてただ微調整します。