福州のブルガリの腕時計はどうして補修するべきです

1.ブルガリの腕時計は水が入って、綿をしてブルガリの腕時計上でおさえるのを使えて、また40ワットの電球で5分火であぶって、ブルガリの腕時計の中の湿気をすべて蒸発して、時計を火が間近で直接火であぶりにだまさないでください、時計熱変形を受けないようにします。しかしもし鏡の内側あるいは時計の文字盤の上で水を残して浸しを表して、必ず専門修時計機関に着いて補修しなければなりません。

2.ブルガリの腕時計はかききずが時計の文字盤上で先に1両垂らして清水を垂らすのでさえすれ(あれ)ばが現れて、もう少しぎっしりな歯磨き粉は拭いて塗って、紋様を漕ぎを時計の文字盤のニュースキンに取り除くことができて、選んで粒子の歯磨き粉を持たないでをしっかり覚えて、2回のスカッフィングを免れます。

3.ブルガリの腕時計の腕時計のバンドが異常なにおいが発生する時、先に歯ブラシで少しの石鹸の水をつけて、急速に汚いものの場所を洗って、また小さくてぬれる布で拭くのが良いです。石鹸の水が皮質にしみ込みためを免れる、全体の過程は20秒の内に完成する方がよいです。それ以外に、腕時計のバンドの上塗のいくらかの皮革の油(脂)にもあることができて、皮革の油(脂)のペアウォッチは付いていて効果を保護します。