領収書制度は説明します

1、どのように領収書を獲得しますか?

(1)、電話が予約購入する時、とても必要な製品を確認した後に、あなたの領収書を頭をもたげて顧客サービス人員に提供してください、領収書は商品に連れ立ちをいっしょに送ります。

(2)、ウェブサイトが予約購入する時、注文書を提出する時付注ははっきり書き込んでください、そして領収書を書き込んで頭をもたげます。領収書は商品に従っていっしょに送るでしょう。

領収書は説明します:

(1)、万がネットの提供する領収書を表すのは腕時計の専用の領収書で、この領収書は部門として用いて清算して使うことができます。

(2)、1枚の注文時計コピー書は1枚の領収書に対応して、領収書は毎回くるみに従っていっしょに出します。

(3)、金額がかかって注文書のインボイス価格中で含みを配送します。

2、万はネットを表して付加価値税領収書を提供するかどうか?

現在のところ、万はネットを表して増値税の普通の領収書を提供します。

3、領収書の注意事項を開きます

(1)、インボイス価格は注文書の金額より高いことはできません。

(2)、非現金はアカウントの支払う金額と贈り物カードの支払う金額を仮想して領収書を開きません。(非現金がアカウントを仮想して例えば:が万表してネットのいくつか販売促進活動の中で取引先あるいは取引先の買うキャッシュカードの金額を贈呈して、すでに万獲得したことがあってネットの領収書の金額を表します。)

例えば:注文書の合計額は500元で、贈り物カードを使って100元支払って、選択が領収書を作成した後に、インボイス価格は400元で、100元の贈り物カードの支払う金額を含みません。