ゴマの鎖

ゴマの鎖の誕生
冶金技術の更に発達していない2百数年前の古代でヨーロッパ、条件が大家達が腕時計のぜんまいのやはり(それとも)簡単な普通の鋼のぜんまいを作りに用いるのを制限するためです。このようなぜんまいは帯金が扁につきあった後にで焼き入れすることができるので、表面がさびを防ぐためため、ブルーイングをしてさびを防いで処理して、だから私達もそれの藍鋼のぜんまいを言います。初期のぜんまいは私達が今のとき放すようだS形のを呈しないで、簡単なののがからみついて蚊取り線香の同じ形に似ているので、ぜんまいをしっかり付けてそれが中心に引き締めます。実はスプリングのように、ただスポーツの方向を変えました。私達がスプリング私達を遊んだことがあってもそれにエネルギーのスプリングを注ぎ込んで吸収エネルギーに縮みを知っていて、スプリングがリラックスする時エネルギーを釈放するので、この過程は1つの釈放のエネルギーの急激に衰弱している過程です。このような急激に衰弱しているエネルギー放出はたいへん平均していないです。だから初期の時計の鎖の頭のを抱いて幸運でと鎖の尾のが幸運で違いがとても大きくて、これはサイクルコンピュータのが幸運だのパネライコピーが精密で正確だに対してそれはきっと硬い傷です。もちろんこれもずっと表を作成する大家達の難題を悩ませるで、ブレゲの大家はこの問題を解決する方法を探し出して、宝のタワーのスピーダを発明しました。ぜんまいが弦を十分補充する時動かしたのは宝塔の最も上端で、最小のあの段車に影響を及ぼして、業界の縦の関係と地域の横の関係を出してエネルギーを釈放し終わる時動かしたのは宝塔の構造が最も端のをおりるのも最大のあの段車で、伝動比と力のモメントを変えて、そのためぜんまいのエネルギーの安定させる出力を実現します。車輪をこのように並べていくのが更に安定的で、時間はすぐ更に正確になって、この発明はきっと時代にまたがったのです。