梅は見ないと後悔します。機械表は何時に基本的に調整しますか

1.曜日とカレンダーは21時から午前3時まで調整できません。これは時計を傷つけます。カレンダーの鼓動は歯車が動かします。梅の花です。だから、ゆっくりと踊ります。
2.曜日の針は自動的に更新されます。日付と曜日は0時に字を踊っています。この精はここでは電子の表にしか現れませんが、針の腕時計はそんなに利己的ではありません。予定を前倒ししたり遅くしてもいいです。日付と曜日は同じ輪で推進していますので、同じ時間に字を跳べば、駆動力が必要になります。別れて交換します。普通の週に変更します。日付の変更は日付の変更されます。動後半時間から数時間以内にスキップします。
3.腕時計の日ウブロコピー付は昼11時、12時、午後1時になってから飛びます。梅は時計の針を順調に時計の針の方向に一週間回してから日付を再調整すればいいです。
4.中間の調整ボタンと2つのギアは、第1ギアは調整日で、第2ギアは調整時間です。第1ギアは調整時に、以後の回転は調整日です。(もしテーブルがすでに表示されていないなら、週設定なしで)前に回転するのは週調整です。