労働力来世の黒水鬼は買う価値がありますか?

労働力来世時計ファンの愛称である「労働力来世水鬼」とは、労働力来世の牡蠣式恒ダイナミック潜航者の話である。深潜腕時計である「労働力来世水鬼」の家族で、緑、黒、青、赤水鬼、そして「鬼王」と呼ばれるCompexシリーズ。Commexはもっと真下で川を渡ることで有名です。緑水鬼と黒水鬼が一番よく売れています。特に緑水鬼は市場で売り切れました。
労働力来世の黒水鬼は買う価値がありますか?
前世紀の四五十年代、海底資源の開発、とりわけ石油、ガスに対する世界的なブームが形成された背景には、労働力来世の水鬼と称される労働力の潜航者(Rolex)がいた。Submarineシリーズは、良好な海底識別性、高い比率の顔と大夜のロレックスコピー光の針を備えています。良好な磁気防御、防水、衝突防止構造、良好な時間腐食性と激しい体の温度差を備えています。潜航するにはもっと美味しいです。1953年に労力を使って、ダイバーズウオッチを試作しました。1954年のバーゼルで展示する予定です。世界初の防水100メートルを超える機械です。腕時計。