もう言わないでください。ドイツの腕時計のチャームポイントです

ドイツの時計の歴史は長いです。どれぐらい古いですか?最初の懐中時計はドイツのニュルンベルクで誕生しました。たまに雑誌でドイツの腕時計について紹介されています。ドイツの時計はどうすればいいかというと、デザインの精巧さだけで消費者を喜ばせることができないということです。これらの評論はドイツに賛成するかどうかは分かりませんが、本当ですか?。
ドイツの歴史の上でレプリカ時計何度も戦争の苦痛を経験して、時計の地位はとっくに平和的にそびえ立つスイスに越えられます。90年代になって、朗の第4世代の伝人のワルター・ラングはやっとVDOグループの君特・布呂莱恩を説得します。Blue mleinは新たにラングの腕時計ブランドを登録しました。ドイツ時計はここから始まりました。今日はラングのようなドイツの卓越した時計のブランドが現れたと知っています。ゲーラソーティ、nomos、スーティ、言わないでください。万俵世界小コードは今日はムーブメントスタイルで皆さんに何のために惑われますか?